マオさんは何でも調査する。記録する。
そうして生きてきた。

でも、妻との余生はそう上手くいかなかった

企業戦士として戦後を駆け抜けたマオさんと、
その妻の日常を温かくユーモアを
交えて描く
“ほのぼのドキュメンタリー映画”が誕生した。

佐藤 眞生さん

​昭和14年 朝鮮生まれ新潟育ち

​まお

調査屋マオさんこと佐藤眞生さん

終戦後、釜山から新潟へ命からがら帰還。

立命館大学卒業後、恩師の勧めで、アメリカで市場マーケティングを学び、友人たちと市場調査の会社を起業。

大阪で起業したのち東京へ進出し、千葉に移住。
当時の日本には数少なかった調査、企画、計画推進の最前線に身を置く。

ユニークな仕事内容としてお菓子メーカー「グリコ」のオモチャを選定、アパレルメーカー「ワールド」の男性ブランド(ドルチェ)の企画・開発、食品メーカー「キッコーマン」のトマトジュースの販売訴求の調査などがある。その調査方法は、精通者に質問して教えを乞うという同業者がやっていなかった独自のアンケート方法であったという。

名インタビュアー、ジェームズ・リプトンの「いい質問には良い答えが入っている」というの言葉を胸に調査に挑んだ。

・・・・・仕事に明け暮れる日々・・・家庭は崩壊寸前であった。
息子の「お父さん、今度いつ帰って来るの?」の一言で次の日には自分たちで立ち上げた会社を辞めてしまう。

千葉県から大阪府茨木市へ移住。

元々自然が好きだったマオさんは縄文人の生き方に学び、自給自足の生活を始める。

また、大阪で立ち上げた市場調査の会社では、ランチ時に企業同士をマッチングさせるサービスを始めるとユニークなビジネスという事もあり、NHKをはじめとするマスコミで取り上げられた。

現在は、縄文人の生き方を学ぶ場の塾長を務める他、縄文に関する本を自費出版するなど活動を行っている。

監督がマオさんと出会った時には認知症の妻、縫子さんの言動を記録していた。
2019年6月に縫子さんが亡くなった後、妻の記録を元に、認知症の人とその家族が住みやすい社会作りを模索し続けている。

佐藤 縫子さん

ぬいこ

​昭和5年 京都生まれ

調査マオさんの妻 縫子さん

1930年(昭和5年)京都出身。

京都の魚問屋を営む辻家の三女。

山登り、映画鑑賞、旅行を好み、短歌を詠む。

マオさんとは2度目の結婚。

調理師の免許を取得し、料理教室を開いていた。

料理好きの縫子さんであったが

2010年頃から認知症を発症し料理をしなくなった。

マオさん曰く、自分の事より周りの人の心配ばかりする人だったという。

2019年6月永眠。

認知症になり亡くなるまでの期間、
縫子さんの言動をマオさんが記録し続けた。

監督の言葉

佐藤夫婦を撮影して・・・

マオさんと出会ったきっかけは、自給自足に興味をもった私が教えを乞うという形でお会いしました。
はじめは、大阪の山で「自給自足しているおじいさん」という映像作品になればと思い撮影をはじめました。

自給自足についてお話を聞くのですが、事あるごとに佐藤さんは奥さんの事ばかりお話をするのです。
そして、調査屋の仕事が原因で家庭崩壊寸前、
それを転機として大阪で自給自足をはじめたのが38歳だったということを話してくれました。

当時の僕の年齢が38歳、妻と4歳の息子と1歳の娘がいる事もあり、自分事のように話を聞いていたのを覚えています。

そしてある時、認知症の奥さんの言動を綴った「縫子生(ぬいこしょう)」を見せてくれました。

淡々とつづられる「縫子生」に私は深く感動し、特養でマオさんが奥さんに優しく接している姿を見て
これは映画にしなければならないと思い、「夫婦の映画」にしようと思いました。

それまで、コメディ映画やバラエティー番組を制作していた私ですが、1年2年と撮影が続き、認知症、夫婦間のトラブル、人間の尊厳と自分の分を超えたテーマを扱っている事に気づきました。

あまりにも重いテーマに、何度も投げ出そうとした作品ですが、幼児の娘と接している自分と、佐藤さんが奥さんに接している姿が重なる事を感じ、育児と介護は非常に似ているのではないかと思うようになりました。

僕自身、娘と接している時間で、それまでの自分とは違う自分も発見しました。
僕が撮影したマオさんは、過去のマオさんとは全く違う人物ではないかと思います。

悲しい変えられない過去と、マオさんの奥さんに接する優しさ。
この事がマオさんの中に同居している。
矛盾ではなく、これが「人間」なんだなと思いました。

映画を上映するにあたり、市井の夫婦のドキュメンタリー映画をどれだけ受け入れてくれるだとうと不安でいっぱいでしたが、関西では多くの方に見ていただき、反響もあり、東京ドキュメンタリー映画祭でもグランプリという評価をいただき、諦めずに作ってよかったと思います。

そして、数年にわたり取材を快く引き受けていただき、
私の知らなかった世界に連れて行ってくれた佐藤夫婦に心より感謝申し上げます。 

調査屋マオさんの言葉:映画と認知症について

今井監督は最初私の自給自足の映画を考えていました。それで野菜や米づくり、野草てんぷらやビール・味噌づくり、縄文直観塾などを記録しています。

ところがそういう自給生活を維持しつつ、認知症の家内を自分の人生の転機として家内に寄り添う介護の生活を始めた私に重点が移っていきました。

認知症は偏見と誤解の中にあります。認知症は何もわからない、何も考えない、何もできないとされ、医療や介護施設、家族にも同じ認識があります。

私は認知症の家内に約7年間寄り添い、これが間違いだということに気づきました。認知症はみんなわかっています、よく考えています、できることもたくさんあります。周りにいる人がわかろうとしていないだけです。

認知症は脳で考えることをやめて身体で考えています。その言動を反論したり、否定したり、論理的に諭そうとしても通じません。反復して次の発話を待つ度量がいります。そうすれば語らいと微笑みが生まれます。

認知症は今ここを生きています。過去や未来についてはあまり関心がありません。今ここを一緒に楽しく生活する姿勢が大切です。介護する者と介護される者という違いを共有するあわいが求められます。あわいに生きると、共に生活が快になることがみつかります。

映画は4年にわたる取材を通じて介護の専門職にはできない寄り添う介護の本髄をていねいにすくっています。

2020.8.7  佐藤 眞生

​元調査屋は、妻のために何ができるか・・・

おぼろに浮かぶ 愛の記録

Copyright 2019 ちょもらんま企画 Co. Ltd. All Rights Reserved.​​  映画「調査屋マオさんの恋文」公式サイト 日本 ioriimai@gmail.com